検査台製作 25 架線柱 下地処理

本日は架線の塗装前の下地処理を行いました。
金属部をはんだ付け後、ミッチャクロン塗布。そしてタミヤのサーフェサーを吹きました。
灰色なので、だいぶ実感がわきました。

画像


架線作成の途中の写真を撮影しなかったので、大まかに追加工した内容を下の写真に記します。
画像


だいぶいい感じにナてきました。でもこの架線柱はもう在庫がないので、あとはTOMIX等プラ品の加工にします。
画像


あす以降、この一本だけ色付けしてみたいと思います。

前の関連記事はこちら
次の関連記事はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年03月03日 00:05
こんばんは~♪
精密な架線柱のおかげで、モジュールもより精密感がでてきましたね~。
2011年03月03日 05:44
あは。さん、おはようございます。
コメントいただきましてありがとうございます。ワールド工芸の架線柱の精密さがこれほどとは思いませんでした。今、再販売してもらえればもう少しほしいところです。単価はもう少し下げてほしいところですが・・。

この記事へのトラックバック