Kato EF63 1次型 加工11

屋根回りのパイピングを始めました。
画像


まずは、クレーンフックです。
屋根のφ0.3穴を開けた部分にスピーカーケーブルの芯線を差し込みました。
画像

これらは、ミッチャクロン塗布後、黒く塗って適当な深さまで押し込み裏側を瞬間接着剤で固定しました。

つづいて鉤はずし線です。
これもスピーカーケーブルの芯線を使用しました。固定用の支柱は、レボリューションファクトリーのわりピンを使用しました。
画像

画像


レボリューションのわりピンは足が短いのでボディーの穴に入れるのがとても大変です。わりピンをさす穴はφ0.5のドリルで開けました。ここは本当に抜けたり、跳んだりして大変でした。
画像


なんとか引きまわしが終わった後です。
画像


固定後、着色しました。
画像


つづいてパンタグラフ周辺のパイピングですが、避雷器にφ0.5の穴をあけました。ボディーに避雷器を挿して垂直にドリルで開けます。念のため、最初はφ0.3半分貫通させてその後、0.5のドリルで貫通させました。
画像

また、パンタグラフともども、ミッチャクロンをスプレーした後、つや消しのニュートラルグレーを吹きました。
画像


この後は避雷器と高圧線のパイピングです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック