EF64 38製作-1 モールド削り

しばらく前まで知らなかったのですが、JR東日本のEF64 0番台は38、39号機とも秋田で廃車になってしまったそうです。青15号とクリーム1号のEF64がJR東日本になくなってしまったのは残念です。ということで、EF64-38号機を作ってみます。画像は2010年11月7日の快速「レトロ大糸線」送り込み前の時のものです。
画像
(記事は以下URL)http://toseibom.at.webry.info/201011/article_7.html

次は快速信州ブルートレイン号のとき、塩尻から辰野線に入るEF64 38です。
画像
(記事は以下URL)http://toseibom.at.webry.info/201409/article_13.html
もっときれいに撮影しておけばよかったと思います。でももうこの姿は見られないのですね。

さて加工ですが、以前にKatoのEF64-37を中古で入手しました。これを38号機に改造したいと思います。
トレインモデリングのマニュアル2010年6月の仁さんに同じ内容の記事があります。
なのでこの記事を見ながらやっていきます。
画像

画像

種車です。
画像

分解して運転席の窓ガラス外しですが、記事に従って作業すると壊さないで取れました。
画像

記事に沿って下の画像のようにしっかりしたピンセットを貫通ドア用窓の横に挿し、矢印のように横にスライドさせると外れます。
画像


モールドを削りました。
画像

画像

画像

次は穴あけですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック