14系 能登比較

しまっておいたKato製とTomix製の14系能登を比較しました。加工のネタがあまりないのでこんな記事が増えてしまいます。画面右の2両がKato製です。
画像

スハネフ14です。
画像

Kato製はサボが印刷されています。Tomixは透明なガラスで仕上げています。
Tomix製です。
画像

Kato製です。
画像

Tomixは寝台を青く仕上げています。Katoは梯子が再現されています。
Tomix製です。
画像

kato製です
画像

座席車は屋根ベンチレーターに違いがありました。Tomixは別体化されています。同色なので目立ちませんが、Tomixのほうが手間がかかっています。ベンチレーターの組み立てだけでも工数がかかりますからね。
画像

画像

どちらもよくできており、満足しています。無理やりKato製とTomix製をくっつけてみました。左がTomix製オハ14です。
画像

画像

説明書です。編成に関してはKatoは何通りか説明がありました。
画像

Tomix製は代表的な1編成のみの説明になっています。
画像

他社製品で同じ列車を揃えるのは面白いですね。懐の負担を除けば・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック