EF65 1000 増殖

手持ちのEF65 1000を並べてみました。
画像

そうしたらいつの間にか10両にもなってしまっていました。古いものは311のスカートが稼働するタイプの物から、3061-1の最新ロットまで自分としては集めも集めたりといった感じです。
画像

Katoのものばかりを出しましたが、同じ後期型でもいくつも種類があります。
画像

これが初代のEF65 1000で、スカートとボディーが離れています。
画像

線路に並べてみました。
画像

個々の製品の特徴ですが、3019-3はひさしが別部品のため、案の定取れてどこかに行ってしまいました。
いつかひさしパーツを入手して修理します。
画像

3019-1と3061-1では、手すりとホイッスルに違いがあります。また、3061-1からはファインスケールに改められています。
画像

以下は加工品です。前期型は特急色が売り切れだったので、貨物色を中古で買って塗り替えました。
画像

銀河モデルの手すりを使ったのが以下の車両ですが、ちょっとデフォルメされている感じです。
画像

手すり一体型となっている3035-1と3019-1についてはまたいつか別体化をしたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック