テーマ:レイアウト

トレインギャラリーNAGANO  凄かった

仕事が忙しくなって更新がだいぶ遅くなりました。加工は前回の記事から進んでおりません。 今日は長野市まで行ったあと、須坂のトレインギャラリーNAGANOに初めて寄りました。 場所は上信越自動車道の須坂長野東インターのそばですが、自分は長野市街地から行ったのでインターから降りてきて右折で入れるか不明です。須坂市の紹介URLはこちら(動画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作 30 詰め所

昨日の地震で被災された方々には心からお見舞い申し上げます。自分も同じ国民として深い衝撃を受けました。今自分にできることは義援金を出すことくらいですが、少しでも被災者の糧になっていただければと思っています。 ブログの更新は自粛すべきか悩みましたが、再開することにしました。 前回の続きで詰め所を作りました。GMの詰め所をベースに…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

検査台製作28 架線柱2本目

また架線柱に戻って二本目です。 片側をトラス柱で支えるタイプをTOMIXの4線架線柱近代型とワールド工芸の架線柱を混ぜて作ります。 トラスです。これをはんだ付けしました。 実物はトラスの下にコンクリート台があるので、これを2mm厚塩ビ板を3x15で切り出して貼り合わせて作ります。 ビームの長さを確認し、トラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作27 便所の塗装

本日は便所に色を付けました。DVDにて確認した色にしました。電気機関車の運転台の薄い緑色と同じような色です。碓井鉄道文化村に掲載されていた写真もこの色でした。 組み立て過程です。 トイレ周辺の部分です。塀を建てるとほとんど見えないので、ムラとかはあまり気にしていません。 屋根と塀を追加したあとです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

碓井文化村 見学

私用で関東へ行く途中で碓氷鉄道文化村に寄りました。EF63-1と資料館の2階のジオラマをゆっくり見てきました。 自前のEF63を本物のEF63-1のステップに乗せて撮ってきました。 資料館の2階には植原浩磁さんの作品と棚網茂さんの作品がありました。 久しぶりに迫力のジオラマをみました。 植原さんの碓氷第3橋梁の作品で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

検査台製作 26 便所の製作

今日はGMのキットをもとに便所(実物は便所なのかどうか不明ですが)を作成しました。塗装は今後に回します。 もともとのキットの写真です。 しかし、目指すのは横川機関区 屋根上検査台のそばのこの建物です。画像はRail Magazineから抜粋です。 キットのプラ部品を切ってこんな構造にしました。実物を知らない…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

検査台製作 25 架線柱 下地処理

本日は架線の塗装前の下地処理を行いました。 金属部をはんだ付け後、ミッチャクロン塗布。そしてタミヤのサーフェサーを吹きました。 灰色なので、だいぶ実感がわきました。 架線作成の途中の写真を撮影しなかったので、大まかに追加工した内容を下の写真に記します。 だいぶいい感じにナてきました。でもこの架線柱はもう在庫が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

検査台製作 24 架線柱一本目②

今日ははんだ付けをしました。かなり悪戦苦闘でした。 説明書に従ってはんだ付けです。 過程を残そうと思いましたが、心に余裕がなくなりました。 いきなり本日の区切りの写真です。 反対側の支柱はハイパー架線柱を瞬間接着剤で仮に付けしました。 架線柱一本だけだとさみしいですね。でも他はプラ品で済ませるつもりです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

検査台製作 23 架線柱 1本着手

屋根の上の検査台を降りた部分の架線柱の製作を決心しました。この一本にはワールド工芸の精密架線柱 Aタイプを使用することにしました。これは昔、碓氷第三橋梁を作りたいと思った時、トラスの架線柱作成のために購入したものです。橋梁の横梁は柱と同じ形状のため、通常の横梁は不要となる予定でした。 今回の検査台では、基本的にプラスティックの架線柱を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台 製作 22 小道の塗装他

本日は小道の警戒色の塗装などを行いました。 小道の塗装です。  まずは、サーフェサーで灰色に塗りました。  続いて警戒色の黄色で全体を塗ります。 そしてマスキングをして、コンクリートの道路部分です。今回は実験で白に近い灰色にしました。新品状態にしておいて、取り付け後にウエザリングで古さを出してなじませてみたいと考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作 21 作業路切り出し

少し行き詰った感じでなかなか作業がはかどっていません。思案の挙句、作業用の道路の設置を目指すことにしました。 ネットで画像を探して以下のようにしました。 上の道路は菓子箱のふたの厚紙を使用して切り出しました。 屋根の点検台から詰め所にむかう道は道路の端面に警戒色塗装があるので、t=2mmの塩ビ板を切り出していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作 20

今日は先日固めたバラストを点検して、枕木の上に残っていた石の撤去をして再度ボンドを流し込みました。 一度ではうまくいかないものですね。 線路だけだといかにも非電化区間に見えたのでDD51とキハ58を乗せてみました。 どこぞの地方線区のようです。 また、今日は検査台のベースエッジに警戒ブロックを乗せました。写真の上がブロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作19 バラスト固定

本日はバラストを捲いて固定しました。 バラストを敷きます。形は筆で整えます。 続いて、中性洗剤を入れた水溶液を霧吹きでバラスト上にかけます。筆で整えたバラストが形が崩れないように少し離れた場所からかけました。  これは、ボンドを溶いた水溶液がバラストにはじかれてしまわぬよう、なじませるために行います。これによってボンド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

検査台製作18 線路塗装

作業を再開しました。 最初に作業の手順で悩みました。  案1 バラスト接着→枕木と線路にこげ茶塗装→線路に赤茶色塗装  案2 枕木と線路にこげ茶塗装→線路に赤茶色塗装→バラスト溶着→線路再塗装  案3 線路に赤茶色塗装→バラスト溶着→線路マスクしてこげ茶を枕木に塗装 ベターな順序はあっても正解はないので、悩んだ挙句、案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩 危うし!ウルトラマン!

先輩に以前にいただいた初代ウルトラマンとゼットンの人形を置いてみました。 縮尺違いもご愛嬌です。 この2体の置き方はゼットンがマンの後ろをとったこの姿が正当な位置なのだそうです。 今日はお遊びでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検査台製作17 ちょっと確認

今回の検査台で再現したかった絵を、まだバラストも架線柱もない状態ですが、撮影しました。 昔日の画像は以下です。これはRail Magazine168号(1997年9月)掲載の画像です。 模型の画像をトリミングしてみました。 う・・わぁ、やっぱ実物は手すりがほそいですねぇ。でも割と思い描いていたイメージに近くて良かっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

検査台製作16 着色

プラスターに着色しました。実感味がいまいちです。黄色っぽくなりすぎた感じです。 地面の色は、黄色と白と茶色を適当に混ぜて塗った後、灰色と茶色を適当に混ぜたものを塗りました。 マスキングを剥がしてみました。マスキングのエッジ部のプラスターがぼろぼろはがれてしまいました。 宇宙戦艦ヤマトが地球を発進する際に艦側面から落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集合写真

確認のために箱に入っていた電機をいくつかだしてきましたが、また片付ける前に集合写真を撮りました。加工前のもの、加工中のもの、などいろいろありますが、並べると壮観でした。右から63,64,65、64-1000です。あと10両がここに写っていませんが、ここ10年くらいでこんなに数が増えました。子供の頃には想像できない数です。昔はスカート可動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアホース自作挑戦2

昨日の続きです。昨日の記事 完成後の比較からです。出来上がりは銀河のものとそれほど変化がありませんでした。1両あたりの費用はエアホース10本で4円くらいです(詳細は一番下) 写真左のEF64は自作エアホース、右のEF64は銀河製エアホース(部品番号N-107)です 製作過程です。 スカートのエアホース挿入場所にあるモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアホース自作挑戦

銀河モデルのエアホースに感動しました。やはりこれをスカート周辺部に取り付けると表情の実感が増します。でも20本で1000円もします。EF64の場合、10本/両なので、手持ちの電機を加工するには予算ひっ迫です。 そこで、銀河のエアホースを先生にして、なんちゃってエアホースで何とかならないか実験してみることにしました。今日の時点で上手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓井峠 第三橋梁

碓井峠の第三橋梁です。古い写真で、長い間整理してなかったので、上下線どちらかわからないものももありました。 下り線(追記:下り線は長野行き列車が通った線)橋梁根元です(上野側) 上り線(追記:上り線は上野行き列車が通った線) (橋梁の)軽井沢側根元 上り線下り線軽井沢側 上り線下り線上野側 …
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

飾り台の道路作成3

本日は、道路の表示を追加しました。また、京商の1/150アルピコバスを入手したので一緒に置いてみました。 追加したのは「40」という数字です。 これはネットで道路表示で検索をかけて、見つけた画像をエクセル上の画面コピーして貼り付け、大きさを調整してインクジェットプリンターで写真用紙に印刷しました。 本当は「50」という数字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EF64 ランボード塗装

先日、パンタ部分の屋根の塗装を行いましたが、ランボード部分が未塗装だったので今回はそこを塗りました。 下の様にマスキングしました。KatoのEF64後期型があったのでこれもパンタ部分の塗装をしました。黒と白を混ぜて塗料を作っているので、どうせ塗るなら同じ色の部分はできるだけたくさんやってしまいたいです。 Tomix …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飾り台の道路作成2

今日は、飾り台の道路を追加工しました。 アスファルトは#180の耐水ペーパーです。そこに白線と矢印を入れてみました。 白線ですが、白のビニールテープをカッティングマットの上に貼り、幅1.5-2mmで千切りにしていきます。 それをやすりの上に貼って終わりです。 道のわきの線だけではさみしいので、矢印を付…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道路周りの整理

飾り台の架線周りが一段落したので、手前の道路周辺に少し手を入れたいと思います。手始めに道路標識を立てようと思います。 グリーンマックスの道路標識セットを用意しました。ただし、シールは都市部の地名ばかりなので、ここは自作します。子供のころと違い、今はパソコンで好きなようにコピーできるから便利です。 パソコンのExcelを使用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架線製作 10

今日は飾り台の上側の線路に架線柱と架線を置きました。 まず、架線柱の位置を確認してしるしをつけて穴を開けました。 架線柱をカットします。今回、見きりでカットしたため微妙に短くなってしまいえらく大変な目に逢いました。きちんと寸法を測って作業しないとえらい目にあうということを改めて認識。反省です。 実際にパンタのある車両を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ちょっと休憩

飾り台の下側の線がだいぶ手が加わったので一回車両をいろいろと置いてみました。 まずは碓井峠風にあさま+EF63です。 続いて中央西線風に381系しなのです。 もう4両くらい乗る台がほしいかなとも思いますねぇ。画像にしてみるのも楽しくていいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架線製作9 高圧線?設置 と架線柱3本の用意

今日、ホームセンターでφ0.28のステンレスワイヤーを見つけました。これが表面は電線の織った形状があり、なおかつ針金状の真鍮線と異なり、とてもしなやかで、これは高圧線かき電線かわかりませんが、架線柱の一番上の2個の碍子につく電線にちょうど良いと思い購入しました。ただし、このワイヤー250円/mと少々お高いです。私は2.4m使うので2.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EF64 屋根塗り

飾り台の上側の線路の架線を張ろうと準備を進めていますが、架線柱を灰色で塗る機会があったので、ついでに機関車の屋根も塗ってしまおうと思いました。 KatoのEF64後期型とTomixEF647次型です。マスキングをしだしたところです。ほっかぶりみたいです。 ついでにKatoのEF63もやることにしました。 上から63、64(…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レールの塗装

飾り台に架線を張る前に、線路に色を付けることにしました。先に仕上がった画像を載せます。 使用したのはウッドブラウンに極少量のつや消し黒とフラットベースを混ぜた色です。 以下、塗装前です。 以下塗装後です。 線路側面をメインにエアブラシで吹きました。 後でレールと車輪が当たる部分を溶剤で剥がしてみ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more