Kato EF63 1次型 加工4

手すり類の加工をしました。
側面の扉脇の手すりを付けました。
まずは、下側の穴位置を揃えるためにマスキングテープを貼りました。
画像

テープと手すり位置の交点にφ0.3のドリルで穴をあけます。
画像


φ0.3のピアノ線を用意し、まず一か所を90度に曲げます。
画像

画像


長さをできるだけ揃えるために、冶具を用意します。鉄板上に端面から8mmくらいのところにφ0.5の穴をあけました。この穴に曲げた部分を挿します。
画像


鉄板のエッジを利用して反対側を90度に曲げます。
画像


画像

片側を少し長くして切ります。画像は少し短いです。もう少し長めに切ったほうが楽です。
画像


長いほうを本体の手すり用の穴に挿します。
画像


手すりの上側の位置は現物合わせで、ピンでしるしを付けてドリルで穴をあけます。
画像


一か所終わりました。これを8箇所行います。
画像


手すりは抜いて別塗装にします。位置が分からなくならないように、ボディーに番号を1から8まで付けます。
画像


他の手すり類は加工過程を記録せずに作業してしまいました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック