テーマ:クモニ83

クモニ83 103製作-16 完成

ワイパーを付けてボディーと床下を接着しました。 ワイパーはクリーム1号を吹きつけました。 取り付け部にφ0.3の穴をあけます。 取り付けた後です。 忘れていた避雷器の蓋も付けて塗りました。 今回はなかなかモチベーションが保てず、製作に時間がかかりました。完成したとは言え、見ると「あーすればよかった」…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

クモニ83 103製作-15

窓を貼り付けました。 きっと添付の透明な塩ビ板を7mm×4.5mmくらいに切って、角にやすりでRを付けます。Rは少しつけたらボディで状況を確認し、少しずつ形を決めました。 キットのボディーは下の画像のように断面にテーパーがあり、外から窓をはめ込むのにはありがたい形状です。 つまようじに木工用ボンドを付けます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-14

細かいところの修正を行いながら進めています。その14まで来てまだ終わらないというゆっくりなペースですが、なかなかモチベーションがキープできずにおります。 さて、今回はカプラーをアーノルドからKATOカプラー 密連型Aに変更しました。これでだいぶ良くなりました。ボディマウントへの改造も考え、片側だけトライしてみましたが、コーナー進入時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-13

今週は忙しくてあまり進んでいません。 とりあえず、ボディー側面のドア閉めランプの取り付けと保護棒付きガラスの貼り付けを行いました。  光ファイバーをローソクの火であぶっていったん細く伸ばした後、切断し、再び切断箇所を炎の根元であぶって球形状にします。  形が整っとらクリアーレッドで色を付けて、それを下の写真のようにボディー外側から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クモニ83 103製作-12

再塗装→インレタ再挑戦→玉砕→妥協→半光沢クリアー吹き付け→レンズ類の自作→デフロスター取り付けまで行いました。 まずは再塗装。これはうまく行きました。 インレタは相変わらず苦戦です。うまくいったと思ってもどこか一か所が付いてなくて、再度そこを擦ると別の場所が剥がれる始末。ATS表記は枠の□が部分的にしか付かず、あきらめ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クモニ83 103製作-11インレタ失敗 再塗装準備

窓ガラスの製作とインレタをやりました。 結論から言うとインレタは見事3枚の「クモニ」を失敗したあげくに、ボディーにも失敗したインレタ除去の際に塗装をはがし、あえなく再塗装となりました。やはりインレタは鬼門です。 窓ガラスは、4.5mm×7mmに切断し、角にR形状を付けて枠に合わせてはめ込みました。 下の画像は切り出したとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-10 昇降ステップ

まだ、接着剤で固定していないのですが、昇降手すりを付けました。 また、片面ですがインレタを取り付けて上からこちら側だけ半光沢クリアーを吹いて、インレタを固定しました。 クモニ83103はお店に在庫がなかったので手持ちの他のレタリングからクモニと8と3と103のインレタを探して付けました。 手すりの塗装前と塗装後です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クモニ83 103製作-9 屋根と床

屋根上の部品の塗装と屋根への取り付けを行いました。また、床下の部品の塗装も行いました。 ついつい仮組みをしたくなって組み立ててみました。 屋根上部品の塗装です。Mrカラーの324 ライトグレーです。まんまつや消しなので、フラットベースは不要です。 床下部品の塗装です。つや消し黒です。 おもりを付けました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-8 手すり塗り

本日は手すりを塗りました。 屋根の配管も少し色を付けました。 ランボードと屋根上のベンチレーター塗装のため、部品にサーフェサーを吹きました。 次は屋根への昇降ステップを付けたいと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-7 屋根塗り分け

ボディー側の色が一段落したので、屋根にMrカラーのラッカー系塗料のニュートラルグレーにフラットベースを混ぜて吹きました。大分印象が良くなりますね。 そして、φ0.2真鍮線で手すりを一通り付けてみて、ミッチャクロンを筆塗りしました。 手すりの形状はまだ修正してないのででこぼこですが、あとで調整して直します。 この後は、手すり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-6 塗り分け

前回から1カ月以上も経過してしまいました。 いろいろとありましたが、一番まいったのは、塗り分けがなかなかうまくいかず、モチベーションが維持できないでいました。そのせいで牛歩のごとき作業でようやく次にいけそうになりました。しかし、スランプと言った感じですね。 前回の続きです。クリーム1号の塗装が終わり、青15号の塗装です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 103製作-5

傷の処置を行ってサーフェサーで下地を整えました。 そのあと、クリーム1号を吹きつけました。 さて、厄介なマスキングです。3日ほど試行錯誤を繰り返しておりましたが、以下の方法に決めました。うまくいくかどうかはまだわかりません。 まず、おでこの部分ですが、Katoのクハ86をお手本にします。マスキングテープ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クモニ83 103製作-4 仕上げ途中

屋根のパイプ処置が終わったのでボディーに屋根を付けて、隙間の処理とサーフェサーを吹きました。 まずは屋根をボディーに着けました。 屋根の処理が大方できたので、マスキングに影響が出ない範囲で手すりを装着しました。 その後、サーフェサーを1回吹きかけて、傷の確認を行いました。 ドア確認用のランプも急きょ光ファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クモニ83 103製作-3 屋根上

今回の飯田線電車の製作に当たり、以下の教科書を購入しました。すると、クモニ83にも詳しい記事があり、101はキットとはかなり異なる部分があるのがわかりました。キットは103の形状に近いのが分かったため、車番を103にすることにしました。 中はこのように飯田線の各車両について詳しく書かれています。 これは加工愛好者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 101製作-2

なかなかモチベーションが上がらず作業順序もいきあたりばったりです。 まずは側面乗務員ドアの手すり用の穴開けです。 モールドされたエッジをモデリングチゼルで少し削ります。 めうちでドリルの穴位置決めです。 φ0.3のドリルで穴をあけます。 冶具で曲げた手すりをもとに上側の穴位置を決めて穴あけします。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クモニ83 101製作-1

更新が遅くなりました。この前、飯田線沿線をドライブした際、幼少のころを思い出しました。今度は旧型国電を作りたいと思い、GMのキットに手を出しました。 下のキットは割引含め5両セットで3000円弱でした。単品では在庫切れの半流国電もあるし、割高なのでこのセットを買いました。 箱の裏には編成の説明があります。 まず、クモニ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GM クモニ83 製作11 反省

クモニ83の製作過程を振り返ってみたいと思いました。 仕上がりの一歩手前でレタリング後の処理をきちんとしなかったために塗装面を汚す結果になりました。 側面ごとに見てみます。赤丸部分が納得できない点です。 こちらの面はガラスが一部まっすぐにそろわなかった部分がありますが他はまぁまぁ許容です。 反対面です。 レ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GM クモニ83 製作10

窓ガラスが届き、ガラスをはめて完成させました。しかし、最終段階で以下の失敗をしました。  ①窓入れの際にレタリングが剥げたため、取り除こうとして塗装面を汚してしまった。  ②窓ガラスを取り付け後、アルコールで脱脂する際に塗装面を汚してしまった。 これによって一挙にモチベーションが下がり、せっかくきれいにいったボディー表面も汚くなっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

GM クモニ83 製作9 レタリングと窓ガラス取り付け

今日は天気が良かったですが、レタリングと窓ガラス取り付けをしていました。 レタリングはGMのものをそのまま使用しましたが、スカ色では存在しない番号のようです。実車に合わせて一文字ずつ貼る根性もなかったのでそのまま使用しました。その後、つや消しクリアーを吹いています。 正面のレタリングです。くろまやさんのものを使用しま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GM クモニ83 製作8 手すり付け他

前回の続きです。 側面の扉の脇の手すりをφ0.3の真鍮線で付けました。また、信号炎管、ホイッスルカバーを付けました。 過程です。 真鍮線を穴位置に合わせて折り曲げて挿しこみます。挿しこんだ後、曲がり具合を調整します。その後一旦浮かしてプライマーを薄く塗ります。 クリーム1号で塗装します。 塗装が乾いたところで押…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GM クモニ83 製作7 屋根塗装、Hゴム塗り

今日は屋根の塗装とHゴムの塗装を主にやりました。 屋根はマスキング後に黒めのグレーを吹きました。 Hゴムの塗装はタミヤエナメルカラーのつや消し黒とつや消し白を混ぜて色を作りました。クモユニ82では、水性塗料でてこずったので、修正が容易なエナメルカラーを調達してトライしました。荷物用の扉の窓はクロームシルバーを使い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GM クモニ83 製作6 ボディ塗装

今日はボディー塗装しました。屋根はまだです。 順序は  ①GM クリーム1号塗布  ②マスキング  ③GM クリーム1号再塗布    (マスキング隙間への青色吹き込み防止。    隙間をクリーム1号で埋めてしまう)  ④青色塗布    GM青15号と青20号を4:6で   混ぜたもの(前のクモユニは   …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GM クモニ83 製作5

クモニ83の続きです。屋根を付ける前に運転席後ろの壁を、前回のクモユニ82を作ったときに使用した薄緑を印刷した写真用紙を使用して先に準備しました。幅は18mmでよさそうです。そこに両側2mmほどののりしろを付けました。折り目はナイフで筋をつけてまげました。また屋根のRは適当です。壁がないと下の写真のように反対の運転席まで丸見えになってし…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GM クモニ83 製作4

前回の続きです。 ボディー側面と正面を接着後、方向を間違えないようにボディー裏側と屋根裏側に矢印を書きました。 屋根周りのベンチレーターとランボード、ホイッスルカバーの準備をしました。 EF58用のホイッスルカバーの両サイドを削りました。右が加工前、左が加工後です。 ベンチレーターをやすりで仕上げて、ホイッスルカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GM クモニ83 製作3

EF62もいじりたいですが、まずはこちらをきちんと進めます。 前回の続きです。 なんとか窓ガラスを切り出しましたが、歩留まりが悪く、良品として使用できそうな16個のうち、1個だけはボディに付けたとき、隙間があいてしまいました。またジャンク品を入手するのも手間なので、隙間を埋めることにしました。 プラ板を切ってボディーに貼り、まだガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GM クモニ83 製作2

前回の続きです。 まず、運転席の手すりと銀河モデルのライト部品の取り付けです。 手すりはφ0.3の真鍮線を曲げて作りました。 さて、側面ですが、今回また無謀な挑戦を試みました。サッシ部の窓をKato165系の窓を使ってはめ込み式に改造してみます。実はすでに作業を開始していますが結構後悔しています。 もとの側面です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GM クモニ83 製作1

まだ、デフロスター、ワイパー、避雷器、TNカプラー、Katoボディーマウントカプラーの在庫があるので、クモユニ82の相棒、クモニ83の製作をしようと思いました。基本はNテク完全マニュアルに従って作業しますが、前回の反省を活かして進めていきたいと思っています。 まず、妻面の加工ですが、前回と同じく、ライトを作り直します。前回はタヴァ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more